03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.12 (Tue)

ていずい乙女ちゃん

teizui001.jpg



女性の有志が集まり、西条特産の青のりを使った
ロールケーキやクッキーを作っていらっしゃるグループ、
「ていずい乙女ちゃん」が西条市漁協禎瑞支所にあります。


「禎瑞」という地名をみんなに知ってもらいたいと、
地元の皆さんが知恵を絞り、堤防ののり面に芝桜を植裁されました。


teizui004.jpg



でもこれだけでは、禎瑞を知ってもらうためにはまだまだ弱いので
なにか良い案はないかとたどり着いたのが、
青のりを使ったロールケーキでした。


teizui002.jpg



西条漁協禎瑞支所には、西条で採れた青のりがすべて集荷され、
入札にかけられていきますが、
その入札前の一番いい状態の青のりを選び、
加茂神社に湧き出ているうちぬきを合わせたロールケーキは
どこにも真似できない、禎瑞ならではのオリジナルです。


teizui005.jpg


制作過程で一番苦労されたのが、青のりの配合割合だったそうです。
青のりの香りを残しつつ、お菓子の甘さを邪魔しないよう
色々なパターンで焼き上げては試食を繰り返し、
商品化されるまでには半年ほどかかりました。


teizui003.jpg


海のスイーツと称されたこのロールケーキの珍しさと、美味しさが
徐々に口コミで広がり始め、今では組合の一室を調理場に改造し、
現在では、多くの注文にも対応できるようになりました。


teizui006.jpg


ロールケーキを作っていらっしゃる矢野さん(右)と、伊丹さん(左)です。


口当りを良くするために青のりをまるで抹茶のように細かく粉砕しています。
青のりの粉砕を納得いくまで繰り返し、ミキサーを1台ダメにしたと
笑っていらっしゃいました。


teizui007.jpg



青のりを使ったお菓子には、ロールケーキのほかに、青のりクッキーがあります。
また、青のりラスクも商品化が進んでいます。


これらのお菓子は、西条市小松の明勝寺内で
毎月第一日曜日に行われている手作り市に出品されているほか
禎瑞漁協にて直接購入できます。
漁協で購入される時は、前日までに予約しておけば大丈夫ですよ。

磯の香りがする不思議な美味しさの海のスイーツをぜひお試しください。





ていずい乙女ちゃん
西条市禎瑞1624(西条漁協禎瑞支所)
TEL:0897-57-9711
FAX:0897-57-9712
URL:http://otomechan.net/information/
記者:S

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

14:00  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.12.10 (Fri)

エスペランスグループ

丹原町の田滝地区に、柿農家の主婦5名で、
柿のお茶や、柿ようかんを作っている
エスペランスグループがあります。

esuperannsu20.jpg

平成8年に、規格外の柿を使った漬物を造ることからスタートしましたが、
漬物だけでは購入層が限られてしまうので、
若い人たちにも柿の加工品を買ってもらえるには、
柿を使ったお菓子がよいのではと、
柿のグミ、柿ムースなど、色々なお菓子を試行錯誤された結果、
柿ようかんに行きついたのだそうです。

esuperannsu28.jpg

平成12年には営業許可を取得し、
エスペランスグループの企業活動が本格的に始まりました。

柿ようかんには冨有柿のピューレと、
横野柿の干し柿が使われています。
ピューレは年間通じて使用できるよう、
この時期に多い時には500kgも作り置きします。

esuperannsu9.jpg

餡は、北海道産の小豆で手作りするなど、
小さいお菓子の中には手間暇愛情がたくさん入っています。

今年は、生の冨有柿をスライスして、
ようかんの上に散らした「生ようかん」が新発売です。

esuperannsu13.jpg


賞味期限を少しでも長くしたいと、寒天を白ワインでふやかすなど、
商品研究には熱が入っています。

また、エスペランスグループの柿の葉茶は、
よくある煮出し用の葉ではなく、葉を色鮮やかな緑色の粉末状にし、
1包づつ個装にしたオリジナルです。

esuperannsu18.jpg


後片付けもかんたんで、気軽にいただけますね。

柿の葉茶は、周ちゃん広場と、ハイウエイオアシスで、
また柿羊羹は周ちゃん広場、ハイウエイオアシス、食の創造館、
おいでんやとうえんで販売しています。

ところで、代表の松木さんに
見た目は同じの甘い富有柿と渋い横野柿の見分け方を教えていただきました。

esuperannsu11.jpg


ヘタの部分が実に張り付いているのが冨有柿、
ヘタが上を向いてそっくりかえっているのが横野柿だそうです。

esuperannsu7.jpg

これは横野柿。
よく見ると、ヘタが上を向いていますよね♪



エスペランスグループは、昨年度の農山漁村女性チャレンジ活動表彰において
農林水産省経営局長賞を受賞されました。

esuperannsu27.jpg


全国生産量日本一を誇る柿の産地で、
規格外の柿を用いた加工品作りに余念のないグループの皆さんの
これからのご活躍を心から期待します。

いろいろとお話を聞かせてくださって
ありがとうございました。


エスペランスグループ
西条市丹原町高松甲2261-1
TEL:0898-68-6478

記者:S

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

09:48  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.09.21 (Tue)

MARGARET

margaret15.jpg

西条小学校の西側、御殿前通りを産業道路に向かっていくと、
右手にコンクリートのシックな外観のお店があります。
2010年5月にオープンした洋菓子店MARGARETさんです。

以前ブログにてご紹介した、パン屋のエピナールさんと同じカネヨシビルの1階です。


店内にはアンティークのマーガレットの時計や、格子の扉、グリーンのライトなど、
清楚なマーガレットのモチーフと、シックな内装で全体が統一されています。

margaret30.jpg

レモンのタルト・ぶどうのタルト・
チェリーのクラフティー・ガトーショコラと

margaret35.jpg

定番のチーズケーキ・ロールケーキ
シュークリーム・プリンなどがショーケースに並んでいます。

旬のものにこだわった果実がたっぷりと使用されています。
「小振りだけれど印象のある味に」と、1つ1つ丁寧に仕上げられているんですよ。

焼き菓子にはクッキーやパウンドケーキなど、ギフトにも喜ばれるいお菓子と、

margaret27.jpg


フランスの再生菓子で知られる“クロワッサンダマンド”があります。
さくさくなのにしっとりとした食感が楽しめます。
時間が経つと食感が変わってしまう、繊細で味わい深いお菓子です。


margaret37.jpg


焼き菓子の詰め合わせは、
写真の2000円と1000円、3000円の3種類のセットがあります。
色々なシーンの贈り物に選びやすいですね。

パウンドケーキには、レモンのケーキ・ドライフルーツとナッツのケーキ・
チョコレートケーキがあります。
レモンのケーキは酸味が利いていてとても美味しいですよ。

margaret34.jpg

店主でパテシエの吾妻勝美さんと
奥様で販売担当の佐知さんです。

決して多くは語らない控え目なお二人でしたが、
お店のことやお菓子に関する事を、丁寧に教えてくださいました。

margaret36.jpg


お菓子を包装してもらう間に、
お店が完成するまでのアルバムや設計図なども見て、楽しむことが出来ますよ。


秋のスイーツを探しに是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。


MARGARET
西条市神拝乙133-1
0897-47-5933
10:00~19:00
定休日:月曜日と第2日曜日




記者:N


テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

13:24  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2010.02.18 (Thu)

洋菓子 フェアリー・テール

feari_3.jpg

公園通りに1月に移転してグランドオープンされたばかりの
『洋菓子 フェアリー・テール』さんがあります。
平成18年に創業されました。

feari_23.jpg

店内にはお菓子を買いにお客さんが次々と訪れています。

feari_5.jpg

お菓子の種類もたくさんあります。1つ1つがパテシエの手作りです。
ガラス越しに見えるBACKENの赤いオーブンで焼くと断然おいしくできあがるそうです。


feari_10.jpg

シェフのお勧めはプレミアムショートケーキです。

feari_31.jpg

こだわりの厳選素材に加え、フルーツに合わせたクリームの甘さ加減が絶妙で
フェアリー・テールさんの美味しさが凝縮された逸品です。

他にもこだわりの美味しいケーキがたくさんあります。
厳選素材を使いながらお値段は良心的にされているそうですよ。
美味しさをたくさんのひとに知ってもらいたいというシェフの心意気が感じられますね。

feari_20.jpg

2009年の愛媛スイーツコンテストにて受賞された“愛の恵”のフロランタンです。
西条産のはだか麦、伊予柑ピール、みかん蜂蜜を使用した地産地消の焼き菓子です。
体にもとってもよさそうですね。

feari_17.jpg

“媛の匠”マドレーヌです。
こちらも県内の食材を生かした商品です。
プレーン、抹茶、チョコの3種類そろっています。

feari_15.jpg

フェアリー・テールさんで人気のミニパイロールと
オリジナル商品の生チョコロンです。
シェフに盛りつけして頂くとスペシャルになりますねー。
生チョコロンの色がとってもカラフルです。
フランボワーズ、苺、いよかん、キャラメル、プレーンの5種類あります。
季節限定でさくら、ブルーベリー、栗などの新しい味にも出会えるそうですよ。

feari_7.jpg

シェフの伊藤さんと奥様の純子さんです。
美味しいお菓子をどんどん発信すると同時に、次世代を育て
“10年後にはもっと活気のある街を”目指して頑張っていらっしゃいます。
お話を伺っていて熱意を感じました。
フェアリー・テールさんの素材にこだわった手作りの味を是非食べてみてください。
お土産にもお勧めです。




洋菓子 フェアリー・テール
西条市朔日市70-1
電話:0897-53-8287
営業時間:10:00~19:00
年中無休


記者:N






テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

14:08  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.02.08 (Mon)

アオヤギ菓舗

国道196号線から三津屋本通りに入り、
ひとつめの信号を渡って右側に、
「アオヤギ菓舗」さんがあります。

aoyagi_15.jpg


アオヤギ菓舗さん一番ののお勧めは
柚タルトと栗まんじゅうです。


aoyagi_20.jpg


大きな栗が丸ごと入った栗まんじゅうの餡には、
練乳を使用しているために、
口溶けがよく、あっという間にほどけて無くなります。

「名菓なんて、たくさんいらない」とおっしゃるご主人が
創業から42年、ずっと変わらない製法で、
頑固に味を守ってきたお菓子です。


アオヤギ製菓さんで忘れてならないのが、法事まんじゅう。

aoyagi_3.jpg

今治の名菓、「鶏卵まんじゅう」と材料を同じ配合で作られています。
慶弔用に、毎日のように地元の方からの注文が入ります。


最高の素材と技術を合わせて、
お客様に見合った金額で提供する。
地元のお客様にお菓子をお店を愛していただきたい。

そう語られるアオヤギ菓舗さんには、地元はもちろん
旧西条地区や新居浜、今治からもリピーターの
お客様がお菓子を買いにいらっしゃいます。


aoyagi_21.jpg



ご主人の寺町さんです。


aoyagi_19.jpg


地元を愛する寺町さんは、食の創造館で、
お菓子作りの講師をされたり、
中学校でお菓子職人になるための講義などもされています。

一度伺うと、きっとご主人とお菓子のファンになりますよ。



アオヤギ菓舗
西条市三津屋160
0898-64-3810
営業時間:8:30~19:00
定休日:火曜日


記者:S


テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

12:03  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。