07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.12 (Fri)

株式会社タツノコ

tatunoko_22.jpg

西条市壬生川に、黒ばらのりの販売や
海苔製品の加工をしている
㈱タツノコさんがあります。

黒ばらのりとは、西条市の干潟漁場で育った
摘みたてのやわらかい生海苔を乾燥させたもので、
海苔本来の味と香りをそのままに、
栄養価も保たれた優れた海苔です。

tatunoko_23.jpg
 
タツノコさんのメイン商品である「焼ばら」は、
その黒ばらのりを焼きあげた海苔で、
やわらかなグリーン色の、ふわっとした海苔です。
このまま食べられますし、お吸い物などにも最適です。
小さいサイズが「媛ばら」です。

tatunoko_24.jpg

「焼ばら」に、ごま油や高級な糸唐辛子などで
味付けをしたものが、「味ばら」です。
わさびやカレー、新発売のうめ味など、
バリエーションも色々です。
糸唐辛子は、甘みがあり、酸味と辛味が絶妙なので、
後を引くおいしさです。
西条のお土産品としてもお勧めですね。

tatunoko_25.jpg

また、人気の味付けのりがあります。
「のり丸」は、少し大きめにカットされた、
ボリューム満点の人気商品で、
育ち盛りのお子さんのいる御家庭に喜ばれています。
「海宝」は、味付けするにはもったいないくらいの
歯切れのいい、海苔の風味たっぷりの有明産一番摘みが使用されています。


これらの商品は、JA周桑農協の周ちゃん広場や
JAおちいまばりのさいさいきて屋、松山のえひめイズム、
東京・新橋のせとうち旬彩館でも、販売しています。
店舗によって取り扱いの商品アイテムが違いますので、
お目当ての商品がある方は、タツノコさんに問い合わせてみてください。

tatunoko_4.jpg

二代目社長でいらっしゃる内海 伸彦さんです。
地元でとれる海苔の特性を生かし、
また、お客様の嗜好にあわせた商品づくりをされています。

「焼ばら」は、サラダにふりかけて、青じそドレッシングで和えたり、
キノコの和風スープパスタにからめて食べるのも
お勧めだそうです。
とってもおしゃれな食べ方ですね。


㈱タツノコさんの黒ばらのり製品を、おやつにお土産に
また、色々な料理にアレンジして食べてみてくださいね。


㈱タツノコ
西条市壬生川1047-2
0898-64-5438(tel)
0898-64-6241(fax)
9:00~17:00
http://www.kurobaranori.co.jp


記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

16:31  |  海苔  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/97-7ef5e1ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。