03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.19 (Thu)

茨木農園

ibaragi8.jpg

西条市氷見にある西条西中学校と国道11号線の間に
日本いちじくをハウス栽培されている茨木農園さんがあります。

秋の味覚をいち早く味わえるのがハウスいちじくの魅力です。
しかも完熟したいちじくには消化を助ける働きもあり、夏バテ解消にも役立つんですよ。

ibaragi16.jpg

茨木農園のいちじくは1つ1つが最高の出来になるように
1枝に対して20個の実しかつかないように剪定しています。

その実は枝の下から2番目か3番目が最初に熟し
だんだん上に熟れて行き、最後に根元に近い実が熟れるそうです。
とっても不思議です。

ibaragi9.jpg

いちじくのおいしさの見分け方は実のはじけ方です。
写真のいちじくはまさに星形にはじけようとしているところです。
これを5つ星といって最高のお味だそうですよ。


ibaragi25.jpg

茨木農園の愛情をかけて丁寧に育てられたいちじくは
市場に卸される他、西条の水都市本店や松山のこだわりマルシェ恋○(れんまる)でも販売中です。

また、ご贈答やご自宅で食べるいちじくを茨木農園さんで注文出来ますし、
直接購入する事もできます。
早朝に収穫して出荷してしまうので、前日までに電話にて連絡しておいてくださいね。
相場は変動しますが、今は1パック400円から500円くらいです。

9月からは、路地で大切に育てているいちじくも収穫が始まり
ハウスものと合わせて9月中か10月の西条祭り頃まで収穫できるそうです。

ibaragi2.jpg

茨木農園の長井篤さんと奥さまの典子さんです。
長井さんは奥様の実家である茨木農園のおいしい果実を食べて
農業に転身され、現在ご家族4人で農園をされています。
水やりのことなど様々なことを家族会議で意見をぶつけ合うそうです。

「農業は毎年が勝負で厳しいけれど、やりがいがあり、
お客さんとのコミュニケーションで、また次頑張ろうという励みになる。」と語られた
長井さんご夫婦から農業に対する真剣な思いが伝わってきました。



茨木農園さんでは柑橘類の栽培もされています。
年末からはゆめみかん・天草・紅マドンナ、2月には文旦・せとか・、3月には甘平、
4月にはデコポンなどがあり、電話にて注文が出来ます。
多種類を詰め合わせることも可能です。


茨木農園さんのハウスのいちじくと柑橘を、是非味わってみてください。

茨木農園
西条市氷見丙25-1
0897-57-8656



記者:N

スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

17:22  |  農園  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/76-91ba6727

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。