06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.29 (Thu)

株式会社宮田商店

石鎚の恵みの地下水をくみ上げて
こんにゃく類、ところ天、生くずきり、
ラムネ、ニッキ水などの製造、卸をされている
宮田商店さんが西条市丹原町丹原にあります。

miyata_12.jpg

生芋を原料の3分の2以上使用し、大きな缶の中で
1昼夜かけて炊き上げたものを手作業により切り分けた生芋こんにゃくが、
お勧めの商品です。
普通のこんにゃくよりも時間をかけて炊いた分
味が濃縮されて、歯ごたえがあり、こりこりした食感が楽しめます。

手でちぎって炊いたり、好きな形に切り分けて鍋物に入れたり、
味噌田楽にしてもおいしくいただけます。

miyata_6.jpg

季節の人気商品はいもたきこんにゃくです。
生芋50パーセント入った、お箸ではなかなかつかめない
つるつるしたまん丸いこんにゃくです。
ゆで具合を確かめながら手作りしているため、ぷりぷりの食感です。

また、100パーセント国産天草で作るところ天もおすすめです。

miyata_33.jpg

3種類の天草をしっかり敷き詰めてお酢を入れ、圧力をかけます。
120度になってから1時間蒸気で炊きあげ、液を抽出し、固めたものがところ天です。

海藻たっぷりなので、3杯酢によく合います。ミネラル、食物繊維もたっぷりです。

miyata_17.jpg

そして、もう一つのお勧め商品は昔ながらのラムネとニッキ水です。
ラムネはレモン・オレンジ・シャンペンの3種類のエッセンスをブレンドしています。
冷やして、ビー玉をゆらしながら、味わって飲むと最高です。

ニッキ水は、昔ながらの味を受け継ぎ、10年前から作られています。
ひょうたん型のガラス瓶に入っていて、1本98円です。
味が濃く、色がとてもきれいなので、寒天にして召し上がっても良いですよ。

明治時代創業の宮田商店さんでは、現在4代目の宮田力弥さんが
生産の体制づくりをしっかりと考えながら、商品のPR活動にも気を配られています。

店頭で宮田商店さんのこんにゃく、ところ天、ラムネ、ニッキ水を見かけたら
是非味わってみてください。






株式会社宮田商店
西条市丹原町丹原204
tel:0898-68-7108




記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

15:54  |  こんにゃく  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/70-e522456a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。