03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.07 (Mon)

竹馬堂

takeuma_1.jpg

国道11号線の小松交差点を南に
100メートルほどで行くと
竹馬堂さんがあります。
JR伊予小松駅からも徒歩2分くらいで着きます。

takeuma_7.jpg

竹馬堂さんで有名なのは蝶庵最中です。

蝶庵最中は山形県庄内産の花笠米を使用した最中種に
北海道の大納言が詰まった最中です。
蝶庵という名は昭和23年に創業された先代が
この地で書道・茶道・絵画などでさまざまな文化財を残されている
小松3代藩主 直卿(なおあきら)候の号から名付けたそうです。

この最中が出来上がるには
小豆のあら炊きからはじまり、
本炊きして出来上がった餡を最中種にながして包む。
餡と最中種が馴染むのに一日かかるため
三日間という時間を要するとのこと

時間をかけて丁寧に仕上げられるこの最中
だから、おいしいんです。
現在は2代目のご主人と奥様が作っていらっしゃいます。

takeuma_12.jpg

竹馬堂さんの看板に手作り和洋菓子とありましたが・・・
ケーキも色々な種類があります。
お話をうかがっている間にも
左下のモンブランは全部売れてしまいました。
竹馬堂のケーキはあっさりしているところに
人気があるそうです。
大きいフルーツがのっているものもありますし、
しかもお値段200円台とリーズナブルです。
そしてこちらも一つひとつご主人の手作りだそうです。

takeuma_8.jpg

蒸しまんじゅうも種類があります。
いなかまんじゅう・うすかわまんじゅう・
酒まんじゅう・じょうよう・法事まんじゅうなど。

取材に伺った日は巳正月ということで、
次々にお客さんがお店に来られ
奥様も接客に追われていました。m(__)m
お正月、お盆、お彼岸など四季折々の行事の他にも
お菓子が大切な役割をする日があることを実感致しました。


竹馬堂の竹馬というのは1803年に小松藩に迎えられ、
藩の教育に多大な貢献をされた近藤篤山先生の
篤の字からとったのではないかと奥様がおっしゃっていました。


小松藩の歴史や文化が感じられる竹馬堂のお菓子
召し上がってみてください。





竹馬堂
西条市小松町新屋敷甲356-3
0898-72-2509
8:00~19:00
定休日:水曜日

記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

15:58  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/30-07640f27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。