05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.16 (Mon)

めしや菓舗

mesiya_1.jpg

国道11号線 小松駅前交差点から南(JR伊予小松駅と反対側)へ300メートルの
小さい交差点を西へ右折すると60メートルほどで左手にめしや菓舗さんがあります。

mesiya_7.jpg

いらっしゃいませっ
迎えて下さったのは 飯塚弘志さんです。
天保9年創業依頼、よし乃餅の伝統を受け継いで7代目のご主人でいらっしゃいます。
大人気のよし乃餅について色々教えていただきました。


mesiya_5.jpg

よし乃餅はひとつが直径2センチくらいの一口サイズの小さな餅菓子です。
その由来は、江戸時代のめしやさんのご先祖によし乃というおばあさまがおられ、
四国八十八か所巡業中に病気にかかられた大和国の老高僧を親切に介抱した際
お礼にと(時の帝に献上した)餅菓子の作り方を教えて頂いたそうです。
その餅菓子が評判となり、よし乃餅となったそうです。


材料は餅粉、砂糖、水あめ、こしあん、とシンプルな材料です。

昔からの配合と、一切添加物は使っていないこと

それが、だれからも愛されるよし乃餅の秘訣なんですね~。



mesiya_6.jpg

めしや菓舗さんにはよし乃餅の他にも、季節ごとに、桜餅、かしわ餅、おはぎなどがあります。

今日は3種類のおはぎがありました。

地元、周桑の餅米を使っています。

弟さんが餡を練って
奥様がごまを擂っているそうです。
それぞれ丁寧に仕上がっています。
どれもおいしそうですね。

mesiya_4.jpg

和風の店内にはお花のスペースがあり、和む空間があります。

飯塚さんのお父様が趣味でなさっているそうですが、

これを見るために来られてついでにお菓子を買って帰られるお客様もいらっしゃるとか。



また、めしや菓舗さんの近くには市立小松温芳図書館

伊予聖人、近藤篤山の生活を今に伝える遺跡などもあるので、

文化に触れつつお菓子を頂くのもいいですね。









めしや菓舗
西条市小松町新屋敷甲2893-1
0898-72-2001
9:00~19:30
定休日:木曜日

記者:N













スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

10:49  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/22-bf1349ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。