03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.09 (Mon)

亀生堂

kiseido_13.jpg

西条市栄町銀座街に明治時代から和菓子で親しまれている亀生堂があります。

kiseido_11.jpg

店内に一歩入ると・・・ここはお菓子のデパートとでも言いましょうか?
さまざまなディスプレイ棚にお菓子が魅力的に並んでいます。

kiseido_25.jpg

亀生堂のご主人 新田 増夫さん(旧姓 池西さん)です。
長年高校野球の解説者をされていたことでも、有名な方です。


和菓子のことも色々と教えてくださいました。


店の奥に、季節の和菓子が勢ぞろいしているガラスケースがあります。(*^。^*)
秋ならではの紅葉に富有柿に西条柿、いちょう、秋の彩などなどです


kiseido_3.jpg

kiseido_4.jpg

亀生堂では、おいしくて、新しくて、季節に応じたお菓子を
ひとつ、ひとつ手作りするというのがこだわりです。

素材は求肥(牛皮)だったり、白餡を練った練り切りだったり、
上用(つぶいもの粉をむしたものなど)だったりと、
形が違うだけでなく、味や食感、甘みなどもひとつひとつ違っているので
味わって食べると楽しみが増えそうですね。


kiseido_1.jpg

秋の彩と西条柿を試食させて頂きました。

秋の彩は上用です。蒸したふわっとした食感に上品な餡の甘さが広がる感じです。
西条柿の方は求肥の中に白餡が入っています。色も綺麗~\(^o^)/
まわりについている白い粉(求肥の粉)が利いています。
感動しました。

忙しいチーフにも紅葉をお土産にしたところ、
パクリっ。と食べて「和菓子っていいわねー」
とご満悦でした。(^v^)Y

kiseido_27.jpg

亀生堂には、京都から取り寄せている京干菓子なども販売されています。
こちらも今は柿ですね。
お土産には、一口サイズの薄皮饅頭(自家製の餡を職人の技で包んだ自慢の一品)や、
ゆずどころなどが、真空パックになっているものもあります。

お正月にはもっとたくさんのお菓子が勢ぞろいするそうです。
是非行かなくちゃ。

いちごの季節には亀生堂で大人気の苺羽衣(季節限定)も登場します。
お見逃しなく。

お店の方や奥様もあったかくお菓子の情報など教えてくださいますよ。





亀生堂
西条市大町1686-6
(0897)55-2458
9:00~19:00
水曜日定休



記者:N


スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

11:01  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/19-b883dd23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。