04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.08.11 (Thu)

西条市生活研究協議会 かれんグループ

kareng_web_1.jpg

西条市生活研究協議会かれんグループの皆さんが、
西条市小松町で地元の特産品である柿の葉から
「柿の葉茶」を作り、販売しています。

以前ブログでご紹介した生活研究グループさつき会さんが、
同じ小松町の石鎚山の麓で、黒茶づくりをされていることに影響を受け、
平成13年から周桑地区の特産の柿の葉を使った
お茶づくりが始まりました。

kareng_web_2.jpg

かれんグループの茶葉となる柿の葉は、無農薬の柿畑の葉を使用し、
7月半ばから8月10日までに摘み取ったものを使っています。
この時期の柿の葉には、ビタミンCが多く含まれています。

かれんグループの「柿の葉茶」は、
ビタミンの成分が茶葉から失われないように、
茶葉を短時間で蒸し上げ、日陰で乾燥させて仕上げられています。

商品が店頭に並んでいる間にも、茶葉の品質が落ちないように、
紫外線や蛍光灯の光線を通さない特殊な袋で包装されて、
商品の品質管理には十分な気配りがされています。

kareng_web_3.jpg

ビタミンがたっぷりで美容にいい柿の葉茶は、
平成18年から地元での販売が本格的にスタートしました。

柿の葉は、甘くて柔らかい香りで、
飲むとまた、まろやかでとても甘みがあります。
カフェインは、含まれていないので妊婦さんにも
おすすめのお茶です。
活性酵素を除去してくれる働きもあり、がんの予防にも役立つそうです。

かれんグループの柿の葉茶は、
JA周桑の周ちゃん広場、JR壬生川駅前の食の創造館や
松山のお茶専門店で1袋30g入り450円で販売しています。
そして、昨年からは月に2回、西条のフジグランや
東予のパルティフジで開催しているふるさとマルシェでの対面販売もしています。

一度飲んでみたいという方は、是非お出かけになってください。

kareng_web_4.jpg


西条市生活研究協議会かれんグループの代表玉井富江さんと会員の皆さんです。
愛媛県の地産地消を応援する「愛あるサポーター」の認定も受けられ、
お客様から信頼される商品作りをと頑張っていらっしゃいます。
今後は、お客様に、柿の葉茶について、もっとわかりやすい情報を伝えられるようにと、
お茶の成分の分析についても取り組んでいくそうです。
また、ビタミンが豊富な柿の茶を、お茶として飲んでもらう以外にも、
お菓子や加工品などにも使ってもらえるようにPRしていかれるそうです。

西条特産の健康効果も高い「柿の葉茶」を、
是非飲んでみてください。

西条市生活研究協議会かれんグループ
問合せ先:0898-72-2549(代表 玉井)

記者:N

スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

09:07  |  その他の食品  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/150-98569970

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。