06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.25 (Mon)

西条市生活研究協議会 西条支部

kenkyu_web_8.jpg

西条市大町の加工所で、月に一度西条市生活研究協議会の会員さんが集まり、
はだか麦の粉を使った、かりんとうを作っていらっしゃいます。
はだか麦は、西条市が生産量日本一を誇る大麦の一種で、
食物繊維が多くカルシウム、ビタミン、鉄分などの栄養も含まれています。

10年程前に、会員の方がはだか麦粉でかりんとうとクッキーを作って、
松山で開かれたお菓子のコンテストに出品したところ、うれしいことに
審査員から高く評価され、是非とも商品化してみんなに食べてもらいたいと
はだか麦のかりんとうの製造販売が始まりました。

「自分たちの手が機械なのよ」とにこやかにお話しされながら、

kenkyu_web_2.jpg

生地をこねる人、カットする人、

kenkyu_web_3.jpg

油で揚げる人、

kenkyu_web_4.jpg


コーティングする人、
袋詰めする人と、流れ作業でかりんとうが仕上げられています。

すべて手作りなので、一度にたくさんの量は作れません。
同じ工程を20回ほど繰り返し、少しずつ丁寧に作って行くのだそうです。

kenkyu_web_5.jpg

はだか麦のかりんとうは、黒ゴマ入りのごま味と、
白ゴマ入りで仕上げにしょうが汁を加えてコーティングされた、
しょうが味の2種類があります。
大きさは、120グラム入り230円と、
少し小さい80グラム入り150円の2種類があります。
小さいサイズは食べきりサイズで、ちょっとしたお土産にも喜ばれそうですね。

これらのかりんとうは、
JA西条ときめき水都市の本店と武丈店、
小松ハイウェイオアシス館おあしす市場と
壬生川駅前の食の創造館で販売しています。
また、年に一度市内で開催されている、産業文化フェスティバルや
産業祭などのイベントにも出店されているそうです。

kenkyu_web_6.jpg


代表の伊藤イセ子さん(写真中央)と会員さんたちです。
無添加で作っているので、お子さんにも安心して食べてもらえますし
はだか麦は、体にもいいよとお勧めして下さいました。

現在は、ごま味としょうが味の2種類ですが、
西条は、昔はニッキの産地であったことにちなみ、
新たにニッキ味のかりんとうを試作中だそうです。

西条生活研究協議会西条支部では、
はだか麦のかりんとう作りを次世代にも継承していけるように
一緒に作ってくれる会員さんを募集しています。
興味のある方は、是非問い合わせてみてください。

はだか麦粉で作られた手作りのかりんとうをお土産やおやつにいかがですか。


西条市生活研究協議会西条支部
連絡先:0897-56-0030(代表 伊藤)

記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

10:04  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/146-83615c48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。