03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.23 (Mon)

ひなのや

hinanoya_web_1.jpg

ポン菓子を作っている「ひなのや」さんが西条市丹原町高松地区にあります。

hinanoya_web_2.jpg

田舎を表す鄙(ひな)を用いた店名には、
都会の雅美(みやび)に対する、田舎ならではの美しさ鄙美(ひなび)を
伝えていきたいという店主の思いが込められています。

hinanoya_web_3.jpg

ひなのやさんのポン菓子は、
自家栽培のお米を使用し、品種は、在来米の「松山三井」にこだわっています。
また、パッケージの絵柄も、地元の方がデザインされ、
翼を広げたすずめと稲穂の絵柄が、自然の恵みを伝えているようです。
大粒のポン菓子は、心もお腹も満たしてくれそうですね。

ひなのやさんには、バリエーション豊かな4種類のポン菓子があります。
愛媛の特産である伊予柑のピールを使った「はちみつミカン」

hinanoya_web_4.jpg

玄米から作られる、素朴な味わいが人気の「きび砂糖」、
アーモンドのスライス入りの「キャラメルナッツ」の三つの味と、
あとは、寒い冬にはチョコレートなどと、季節ごとに味の種類が変わります。

hinanoya_web_5.jpg

今の時期は、しょうがのピール入り「ジンジャーティー」を販売しています。


また、結婚式の引き菓子用のポン菓子も販売しています。

hinanoya_web_6.jpg

愛媛県の東予地方では、ポン菓子のことを「パン豆」や「ぱんぱん豆」と呼び親しみ、
戦前から今もなお、嫁入り菓子として引き出物に使われています。
「まめに元気に暮らしてほしい」という親心と
周囲の人々への福分けの意味が込められているといいます。
今はあまり見かけませんが、昔はお嫁入りする花嫁さん宅に、
近所の人々がこぞってポン菓子をもらいに行っていたそうです。

昔からの風習を大切にしながらも、
現代風におしゃれに包まれたポン菓子は、若い方にも支持され、
地元を離れて県外に出られた方からも、問い合わせがあるそうです。

この他、ひなのやさんでは、
白米や玄米や大豆1升とお砂糖600g程を持参すると
ポン菓子を作ってもらえます。
お米がはじける時の「パーン」という大きな音が懐かしいという
大人の方にもとても好評です。

hinanoya_web_7.jpg


店舗は木・金・土曜日の11時~16時のみの営業ですが、
壬生川駅前にあるに「西条市食の創造館」にもおいてありますので
のぞいてみてください。
その他、新居浜、松山等近郊の雑貨店・温泉・飲食店や
東京のアンテナショップにても販売しています。

ひなのやさんまでの行き方やポン菓子が買えるお店の情報は、
ひなのやさんのホームページに詳しく紹介されていますので、
ご覧になられるか電話でお問い合わせくださいね。

hinanoya_web_8.jpg

ひなのやの店主玉井大蔵さんです。
玉井さんは、地元で育てたお米を、自分で加工して販売したいという思いから、
ポン菓子作りを始められました。
玉井さんのように、地域に昔からある在来のものを育てて、
昔からの風習を後世に伝えていくことは、大切なことのように感じます。
ひなのやさんでは、定番の商品以外にも
地域の方が作った黒大豆を使っためずらしいポン菓子も店頭販売しています。

西条の素材が楽しめるポン菓子を、おやつにいかがですか。

ひなのや
西条市丹原町高松甲925-2
TEL/FAX:0898-68-0833
営業日:毎週木・金・土曜日
営業時間:11:00~16:00
URL:http://www.hinanoya.net/

記者:N


スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

17:33  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/133-0d73017a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。