06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.10 (Tue)

河上餅店

kawakami_web_1.jpg

西条市新町の吉岡郵便局の近くに、
昭和40年頃から、杵つきのお餅を製造していらっしゃる
河上餅店さんがあります。

毎朝作られる出来立てのお餅は、周ちゃん広場や、そごうマート、
とうしょく、ヴォーグなど近くのスーパーで販売しています。

河上餅店さんのお餅の定番は、7種類です。

kawakami_web_2.jpg

定番の「おもち」、お米入りの「おふくもち」

kawakami_web_3.jpg

国産のきびで作る「きび餅」、「古代米のお餅」(写真左下)は、食事と一緒に、
あん入りの「よもぎだんご」、「柏餅」、「よもぎもち」は、おやつにと、
用途に合わせて選ぶことが出来ます。

古代米入りのお餅は、今年から製造を開始されました。
古代米独特のうす紫色は、健康に役立ちそうで、とても興味を引かれます。 
       kawakami_web_5.jpg
河上餅店さんは、こしあんにこだわっています。
砂糖と塩で調味されたあんは、クリーム状になるまで丁寧に練られ、
河上餅店の杵つき餅との相性が抜群です。

このほか、夏場は、きびもちをお休みする代わりに、塩あんのおもちが製造されます。
冬場には、かき餅も製造しているそうです。



河上餅店のおもちは、杵つきでしっかりとつき上げているので、
ねばりとこしがあり、しっかりとした食感ともちもち感が自慢です。

kawakami_web_4.jpg

河上餅店2代目の川上桂さんです。

お餅の種類ごとに蒸加減、つき方、こね具合が微妙に違うのだそうです。
その加減は、経験を積むことでしかなく、この道30年以上の河上桂さんですが、
「先代のお餅と同じ味になった。」と言われるまでに10年程かかったそうです。

現在は、3代目となる息子さんが製造に加わり、河上餅店を盛り上げていらっしゃいます。


杵つき餅の技が受け継がれるのは素晴らしいことですね。

行事ごとなどでお餅が必要なときは、個別に対応して頂けますので、
直接問い合わせて、相談してみてください。


河上餅店
西条市新町386-3
TEL:0898-66-5358
 
記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

16:45  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/131-7102a2d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。