05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.20 (Wed)

南部湯葉製造本舗

nambuweb_1.jpg

西条市小松町新屋敷に、昭和42年から湯葉の製造販売をしている
南部湯葉製造本舗さんがあります。
場所は、国道11号線の小松駅前の交差点から西に向かって、
一つ目の信号を右に入るとすぐのところです。

nambuweb_5.jpg


湯葉は、大豆から作った豆乳を温めて、その表面にできるまくをすくい上げたものですが、
同じ大豆でも産地、年代などの違いによって、
まくの張り方、大きさ、色、すくえる枚数などが全然違うので、
大豆選びが重要なのだそうです。

南部湯葉さんでは、厳選した国産大豆と、
石鎚山系からの美味しい水にこだわり、
繊細でまろやかな味の湯葉を作り上げています。

そして、豊富な種類の湯葉製品があります。

「生ゆば」・「小巻」・「切りころ」・「とゆゆば」・「甘ゆば」・「カットゆば」と
様々な湯葉に加工されており、用途に合わせて選ぶことが出来ます。

大豆を豆乳にして、最初にすくった湯葉が、「生ゆば」と称され、
大伴の長方形の湯葉3枚入りが800円で販売されています。
あっさりとした味で、お刺身のようにいただくことはもちろんのこと、
野菜を巻いたり、フライにしたり、アレンジ自在に美味しく食べることが出来ます。

nambuweb_6.jpg

「小巻」、「切りころ」は、ロール状に巻かれた乾燥湯葉です。
鍋もの、お吸い物、野菜との煮付けに重宝します。
湯葉は、味がしみ込みやすいので、味付けを薄めにし、
煮すぎないようにすることで、上品な味を楽しむことが出来ます。

nambuweb_3.jpg

乾燥湯葉を作る際に、竹ぐしで引き上げて干した時に
竹ぐしに当たる部分のカーブした湯葉を「とゆゆば」といいます。
甘ゆばは、生ゆばと反対に最後にとれるゆばで、厚みがありますが、
戻しやすく、酢の物などに向いているそうです。

この他に、国産大豆で作る白さが自慢のおからも販売しています。
たっぷり入って100円とお得です。

nambuweb_2.jpg

南部湯葉製造本舗代表の、南部博志さんです。
湯葉作りは、とても根気のいる仕事ですが、
京都で修業して来られた湯葉の製法と、小松町の美味しい水で作る湯葉を、
次世代にも継承して行きたいと、お話して下さいました。

南部湯葉本舗さんの湯葉製品は、直売以外に、
道の駅「小松オアシス」・「おあしす市場」
JA周桑の直売所「周ちゃん広場」でも販売しています。

大豆の栄養が豊富で、手頃に料理にアレンジできる湯葉製品を
おもてなしや日頃の食卓にとりいれてみてはいかがでしょうか。



南部湯葉製造本舗
西条市小松町新屋敷甲469-4
TEL/FAX:0898-72-2035
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休

記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

11:03  |  豆腐  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2014.08.22(金) 10:08 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/129-ba9f43d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。