07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.04 (Tue)

橋農園

西条市に“レインボーキウイ”を育てている
高橋農園さんがあります。

takahasired1.jpg

中心の果肉が赤く、糖度の高いレインボーキウイは、
キウイ全体の消費量のわずか0.03パーセントしか生産されてなくて、
西条市は、数少ない生産地のひとつです。

takahasired18.jpg

橋農園さんでは、平成16年に創業されて以来
剪定や摘果に力を入れ、
通常のキウイよりもかなり大きなレインボーキウイも作られています。
収穫時期は、他の農園より遅い、10月に行われ
11月から出荷がスタートします。
独自の貯蔵技術で、2月頃まで出荷できるそうです。

takahasired19.jpg

橋農園さんで育てられたレインボーキウイは、
平成20年、愛媛県松山市で開催された第32回全国育樹祭の折、
皇太子殿下のおもてなしのデザートとして献上されました。
また、5つ星レストラン「リッツカルトン東京」のデザートメニューや
「Toshi Yoroizuka 」東京ミッドタウン店のケーキにも使用されるなど
一流のシェフやパテシエにも注目されています。
また、松山のホテルや旅館、県外の百貨店、東京のホテルにも出荷されています。


地元の個人販売は行っていませんが、
休暇村瀬戸内東予、松山のいよてつ高島屋にて販売されています。

takahasired14.jpg

甘くておいしいキウイを育てている橋農園の高橋賢一さんです。
「レッドキウイは甘いんだけど、隠れた酸味があって、
初めて食べた人は、とろけるような顔をするんですよ。
大切に育てたキウイを出荷するときは、嫁に出すような気持ちです。
今後は、安定した供給が出来るようにロスを見込んで、
もっと収穫量を上げたい。」と話して下さいました。

takahasired20.jpg

昨年は、新宿の伊勢丹でレインボーキウイの試食販売をなさったり、
関東地区限定の高島屋のギフトカタログに掲載されたということで、
たくさんの注文に答え、1つ1つ丁寧に選別して梱包されているお姿が印象的でした。

西条産の“レインボーキウイ”を食べてみてくださいね。


橋農園
西条市


記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

17:15  |  農園  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saijobrand.blog62.fc2.com/tb.php/114-a3bb2d82

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。