03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.15 (Fri)

玉井農園

tamaiweb1.jpg

国道11号線を小松町から丹原町に入ると「安養寺」のバス停があります。
そのバス停の山側に、いちご狩りのできる玉井農園さんのハウスがあります。

いちごの栽培歴は30年ですが、
いちご狩り農園をオープンされたのは、3年前からです。
今年のいちご狩りは、1月下旬から始まりました。
いちごの大きさと、そのおいしさが口コミで広まり、
県内外からたくさんのお客さんが来られています。

tamaiweb4.jpg


玉井農園さんのいちごの品種は、
あきひめ、さがほのか、あまおとめ、べにほっぺの4種類があり、
大粒で新鮮ないちごを食べ比べすることが出来ます。

tamaiweb5.jpg

あきひめは、実がやわらかく、酸味が少なく甘いいちごです。
気温が暖かくなると酸味が出てくるので、出初めの寒い時期に人気の品種です。

さがほのかは、佐賀で改良された品種で、いちごの表面がつるっとしていて、
酸味が少ないのが特徴です。

べにほっぺは、甘みの中に酸味もしっかりあるいちごです。

そして、愛媛で生まれたあまおとめは、とても甘く、
四月に入っても、お土産人気NO1の品種です

玉井農園さんでは、育苗から収穫まで、自家製の酵素を与えることや、
黄色の蛍光ランプで害虫を駆除するなど、農薬を使わない様々な工夫をして
「お客様にできるだけ安全なものを」と考えて、いちごの栽培をしています。

いちご狩りの料金は、
1月と2月は、大人 1,100円  子供  900円で、
3・4・5月は、大人 1,000円  子供  800円です。
幼児は500円  3歳児以下は無料です。
持ち帰りは、1kg1200円です。
5月下旬まで、開園されているそうです。

tamaiweb2.jpg

いちご狩りの他に、いちごの高設栽培の下では、
春菊、サニーレタス、ネギ、ラディシュ、小松菜、ニラ、ほうれん草
などなど色々な野菜の栽培をしているので、野菜も収穫体験ができるそうです。

tamaiweb3.jpg

園主の玉井嘉信さんと奥様です。
なんと、季節に合わせて、玉井農園特製の猪鍋が振舞われたり、
園主自ら獲った魚を、七厘で焼いて食べさせてくれるなど、
いちご狩り以外のお楽しみもお客様に提供して下さるそうですよ

    ↓玉井農園入口と園内の様子です。
tamaiweb6.jpg


新鮮な摘みたていちごを食べに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

玉井農園
西条市丹原町志川甲1135
電  話:0898-75-3188
携帯電話:090-1003-7120
10:00~16:00

記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

16:20  |  農園  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。