02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.01 (Tue)

Saiki Engei

blog_saiki_1.jpg

西条市丹原町石経で、丹原もぎたて倶楽部のSaiki Engeiさんが
多肉植物を育てていらっしゃいます。

2年ほど前から本格的に多肉植物の寄せ植え・アレンジメント教室を始められ、
月に2回、小松町のロハスプラザでも教室を行われています。

この他、小学校や公民館などでも出張授業を行ったり、
イベント等での、体験教室もされています。

blog_saiki_2.jpg

写真は、先月のアレンジメント教室で作られた皿盛りです。
月ごとにテーマが設定され、色々なアレンジや寄せ植えを作ることが出来ます。
1回のみの申し込みも可能です。
色鮮やかで、肉厚な葉をもつ多肉食物は、
小さくても生き生きとしてとてもかわいらしいですね。
生花とは違い、このまま長く育てられるのも魅力の一つです。

Saiki Engeiさんには、200種類以上の多肉植物があり、
手作りのピックが添えられたアレンジメントなども販売しています。

blog_saiki_4.jpg


たくさんの多肉植物の中で、いくつか紹介してもらいました。

blog_saiki_5.jpg

写真の上から、とてもいい香りのするハーブの仲間「アロマティカス」、
カランコエの仲間の「京の華」、
そして、毛がふわふわとしていて、うさぎのような
マダガスカル島生まれの「月兎耳(つきとじ)」です。

植物の形などから連想される名前もまた、興味深いですね。

blog_saiki_3.jpg


Saiki Engeiの佐伯祐介さんです。
佐伯さんは、自身のおじい様とお父様も温室で植物を栽培されていたことから
影響を受けられて、高校から大学まで農業を学ばれた後、
千葉県にある、オランダのように一面をたくさんの球根で覆うナーセリーにて
1年間研修されて、地元に戻ってこられました。

色々な植物に関心をもち、栽培をしている中で、
かわいらしくてカラフルな多肉食物を
広めたいと思うようになったそうです。
また、人と交流する事が大好きで、教室では、「食育」ならぬ
「花育」を発信されています。


3月6日には、もぎたて倶楽部の「もぎたて祭」の第2弾が、
いちご狩りができるゆきもと農園さんで開催されます。
その中で、「多肉植物の寄せ植えのワークショップ」もあるそうです。

ゆきもと農園さんでは、通常も多肉植物の販売をされていますので、
興味のある方は、是非お出かけしてみてくださいね。

Saiki Engei
住所:西条市丹原町石経578
問い合わせ先:080-5490-3755




記者:N

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

10:12  |  農園  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。