12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.18 (Tue)

ゆきもと農園

yukimoto1.jpg

西条市丹原町丹原に、いちご狩りとぶどう狩りのできる
「ゆきもと農園」さんがあります。
昨年から、園内に「ファームカフェMogitate」をオープンされ、
摘み取り体験とカフェの両方が楽しめるようになりました。
車で丹原壬生川線を壬生川から丹原方面に向かって走り、
西条市立丹原小学校を過ぎると左手に、ゆきもと農園さんのハウスが見えてきます。
案内板が、ハウスまで案内してくれますよ。

yukimoto17.jpg


ゆきもと農園で栽培されているいちごは、
“あきひめ”“さがほのか”“紅ほっぺ”“あまおとめ”という品種です。


yukimoto13.jpg
写真の“あまおとめ”は、愛媛県で生まれた新品種で、昨年から栽培が始まったばかりですが、
香りが良く、驚くほど甘くて美味しいいちごです

ゆきもと農園さんの栽培方法には、色々な工夫があることを伺いましたのでご紹介します。

まず、土には、ペットボトルからの再生材で作られたエコ素材を交ぜているので、
土の中に余分な水分を残さず、また、洗って再利用が出来るそうです。
そして、与える水は、園内を循環させ、浄水しているので、
同所で育てているブドウの木への水の与え過ぎ防止と、
ハウス内の衛生管理の両方が考えられています。
他に、肥料の与え方で、味が違ってくることから
いちごが甘くなるように与え方を工夫されているそうです

ゆきもと農園さんのいちご狩りは、2月上旬から、開園となります。
販売店を通じて買ったいちごからは、味わうことのできない
摘みたて完熟ならではのいちごの美味しさを実感しに
お出かけしてみてはいかがですか。

そして、8月になると、ぶどう狩りが始まります。
おなじみのニューピオーネから、シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツなどの
高級ブドウまで、10種類以上の品種のぶどうが食べられますよ。

入園料は、いちご、ぶどう共に
大人1200円
小学生1000円
3歳以上600円です。
いちごの持ち帰り料金は、300g 400円、
ぶどうの持ち帰り料金は1kg 1200円です。

いちご狩りの入園料は、収獲量の増える4月からは、
大人と小学生ともに200円引きとなり、
持ち帰りも100円引きと、とてもお得になっています。

yukimoto22.jpg


また、「ファームカフェMogitate」では
園内でゆっくりと、手焼きのワッフルコーンに入った
ソフトクリームが食べられますので、
そちらも是非味わってみてください。

yukimoto5.jpg


ゆきもと農園の行元勝俊さんです。
ゆきもと農園を継がれて、ご両親と協力して観光農園を盛りたてていらっしゃいます。
今後は、ハウスをもっと増やし、時間外の特別ないちご狩りや、
園内で栽培を予定している無農薬の野菜の摘み取り体験など、
来てくれるお客様にもっと喜んでもらえるような企画を色々と考えていらっしゃるそうです。
これからのゆきもと農園さんが、とても楽しみですね。


いちごの季節とぶどうの季節には、ゆきもと農園さんにお出かけ下さいね。


ゆきもと農園/ファームかふぇMogitate~もぎたて~
西条市丹原町丹原290-1
TEL:090-9552-9788
FAX:0898-68-6232

記者:N
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

16:38  |  農園  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。