09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.28 (Wed)

三谷鬼板本舗

mitani_23.jpg

西条では約100年続いているおせんべいの老舗です。
JR伊予西条駅から近く
駅前本通りを北へ150メートルほどで、一つ目の右折の道に入ってください。
一方通行の道を少し進むと右手に三谷鬼板本舗があります。

mitani_10.jpg

まさに今、鬼板せんべいが焼き上がろうとしているところです。

作っていらっしゃるのは、四代目 三谷光幸さんです。

小さな生地を二つずつをのせて機械でプレスして焼きあげます。
その間に別の機械で楕円形のおせんべいができあがり
次々に石鎚山の焼印が押されていきます。
あつあつのおせんべいが一瞬のうちに三谷さんの手によってあげられ
冷ましたそばからすぐ横で奥様が袋詰めしていきます。

空いた焼き板はきれいにされて、すぐに新しい生地がのります。
のせたかと思ったらまた別の機械でおせんべいがもう焼きあがっています。
一枚の写真を撮っている間に
何セットもおせんべいが焼きあがる様子を拝見し

目の前で繰り広げられる職人技にどきどきでした。.


mitani_24.jpg

鬼板せんべいの材料は、小麦粉、砂糖(三温糖)、おろししょうが、
そしてトッピングは黒ゴマと西条産の青のりです。
おせんベの封を開けるといいかおりがするのはトッピングの素材のかおりです。
食べるとしょうがの風味がまた絶妙です。

子供の時から何度も食べたことがあったのに
初めて知ったことがあります。
鬼板せんべいは一袋に黒ゴマと青のりの二種類が半々で入っていたんです。
硬いのでつい割って食べるから気づいてなかった~
ショック!

mitani_17.jpg

三谷鬼板本舗には、西条ではおなじみ西条祭りのだんじり・みこしを焼印した山車絵巻
アーモンド・くるみ・カシューナッツ・かぼちゃの種の入ったおせんベイなどもあります。

東京のアンテナショップでも販売されいるそうですね。

mitani_19.jpg

いやぁー。西条でもまだ食べたことがないとがないという人もいますからー。
という三谷さん

昔からの鬼板のファンの皆様、まだ食べたことのない未来のファンのためにも
がんばってください。







三谷鬼板本舗
西条市大町782-15
(0897)55-3088
AM7:00~PM18:00
定休日 なし

記者:N






スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

08:49  |  お菓子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。